適度な手入れで永く使おう腕時計!

裏蓋やバンドを清潔に保つこと

毎日身に着ける腕時計を永く使うためには、適度な手入れが大切になってきます。いつも肌へ密着している裏蓋やバンドは、汚れや汗が付きやすいので注意です。そのまま放っておくとサビやかぶれの原因になるので、腕時計を外したときに拭いておきましょう。柔らかい布を使えば時計に傷が付く心配もありません。普段身に着けるときには、バンドに少し余裕を持たせると通気性がよくなります。締め付けないのがポイントで、指一本入るくらいが目安です。リューズを空回しすることで、パッキンの滑らかさも保てます。防水タイプの腕時計でも基本的な手入れは必要です。海水に浸かった場合には、真水でしっかり洗い流してから拭き取るようにしましょう。

バンドの素材によって手入れ方法が違う

バンドの隙間が汚れてしまったときは、柔らかめの歯ブラシで落とすのが効果的です。表面に傷がつかないよう、先に目立たない部分で試してみましょう。金属製のバンドを水洗いする際は、時計の本体を濡らさないようにすることが大事です。キッチン用のラップでくるんでおけば、濡れる心配もなく掃除しやすくなります。革製のバンドは水分や熱に弱いので、なるべく濡れないように使っていくのが望ましいです。直射日光が当たる車のダッシュボードなど、高温になる場所に長時間置いておくのは避けましょう。強くこするとツヤがなくなりやすいので、優しく拭いていくのがポイントです。手入れが終わったら、風通しの良い場所で保管しておきましょう。