使用シーン別、腕時計の選び方!

ビジネス向けはわかりやすさと高級感

日本は、時間にきちんとしている国とされています。遅刻が良くないと子供のころから教育を受け、仕事でも遅刻があると大きく信用を失います。鉄道などの時刻もかなり正確に運行されているので、ルーズに生活しているといろいろと損をします。その時に活用できるのが腕時計になります。手首に付けておけば、いつでも今の時間を把握できます。ビジネス向けでは、いかに時間を正確に把握できるかが大事になります。客先とスケジュールの打ち合わせをするときには、曜日や日付のチェックが必要になります。となるとデジタルタイプなどが良いかもしれません。一方、高級時計をするとより相手に信頼を持ってもらえる時があり、ビジネスシーンで機械式時計をする人もいます。

アウトドアなら耐久性と得られる情報

腕時計でわかる情報は、今現在の時間です。その他日付などが分かるものもあります。高機能タイプになると、気温表示や方角表示、高度を表示してくれるものもあります。アウトドアで利用したい腕時計としては、まずは耐久性の高いものが良いでしょう。ガラスなどに衝撃に強いものが使われていて、ベルトもゴムタイプなどがいいかもしれません。登山などで利用するなら、気温などの情報が多く見られるものを使うと良いでしょう。実際に気温や方角をチェックしようとすると、専用の道具が必要になります。それを時計を見る感覚でチェックできるのは非常に楽になるはずです。マリンスポーツをするときであれば、十分な防水機能がついているものを選ぶようにしましょう。